iPhoneのガラス・画面割れ修理と割らないための対策

iPhoneのガラス・画面割れ修理と割らないための対策

iPhoneのガラスを不注意で割ってしまったことのある人は少なくないのではないでしょうか。また、割れたiPhoneをそのまま使っている友達や仲間がいませんか?あまりにもこういう人をたくさん見かけると、「iPhoneって、ひょっとしてもろい?」なんて思ってしまいます。
 
ただし、iPhone自体、「猫も杓子もiPhone」状態で使われているわけで、その流通量に対してガラスの割れた製品の割合はどの程度なのか?また、多くのメーカーが、廉価版からハイエンドモデルまで、多くの端末に搭載しているアンドロイドと、耐久性について単純に比較することもナンセンスです。
 
iPhoneに限らず、スマホの画面を割ってしまえば、修理するしかありません。修理にかかる出費も痛い…ということは、普段から大事なiPhoneを割らないように最善の策を施しておくことが必要なのです。
 

iPhoneガラス・画面割れの修理

iPhoneの画面割れ修理は、実はそれほど難しい作業では無く、ある程度の知識さえあれば素人でもできる作業です。ただ、マイナー工具が必要な場面や、慎重に進めなければならない工程もあるため、専門の業者に任せるのが最善の策でしょう。
 
iPhoneの場合、機種により構造は異なるものの、「ガラス」「液晶」「デジタイザー」などのパーツは一体化しています。そのため、ガラス面にひび割れが入ったからといって「ガラスだけ交換する」ということは現実的ではありません。できないわけではありませんが、時間と労力のかかる仕事となるため、必然的に修理料金も高くなります。
 
「液晶」や「デジタイザー」についても同様です。これらの部品のどれかはまったく問題なく使用できたとしても、一体化したパーツとしてすべて交換してしまった方が安上がりなのです。
 
ガラス割れの場合は、専門業者に修理を依頼した場合、30分から60分程度で修理してくれます。損傷が液晶まで達していたとしても、修理にかかる時間は大差ないでしょう。
 
修理にかかる金額ですが、iPhoneの場合、新しい機種ほど高くなります。iPhone 6S以降、3Dセンサーがディスプレイパーツとして組み込まれたことが、修理料金に影響しているものと考えられます。新機種になればなるほどハイテクが採用されているので、しかたのないところではあります。
 
また、機種によりパーツ構成が異なるため、修理の難易度にも違いがあります。「ガラス割れ修理」の場合、4500円から7500円程度。「ガラス+液晶修理」の場合、6000円から9000円程度になります。(機種により料金は前後します)
 
iPhoneの本体価格を考えれば、ある意味、これぐらいの出費は避けられないでしょう。ただ、不注意でiPhoneを落としてキズを付ける前に、自分で予防策をとることはできます。

大阪 iPhone修理